モーター式のステディカム

DJI社が発売した低価格のマルチコプター「DJI Phantom」の影響で2013年頃から多くの空撮動画が公開されるようになりました。
DJI Phantomはバージョンアップを繰り返し、フルハイビジョンの動画撮影、ライブ映像の送信、カメラ安定ジンバルなどの機能が実装されています。
安定ジンバルは機体の傾きに合わせて反対側にカメラを傾け、カメラを水平に保つ装置です。
もともとジンバルは飛行中にカメラの向きを変えるだけの装置でしたが。
現在はカメラの向きを変えるだけでなくステディカムの役割が大きくなっています。
そして最近は安定ジンバルをラジコンへ装着せずに直接手で持ってステディカムとして使用する方法が普及しはじめています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

サイト内関連記事

センサーとレンズ
デジタルカメラの選び方」にようこそ。このサイトはデジタルカメラの種類や特徴などを分かりやすく解説したサイトです。「どのデジタルカメラを選べばいいのか分からない!...
デジイチとコンデジの違い
デジイチとコンデジの特徴をまとめてみました。 1.コンデジの特徴。 ・軽量コンパ......
淘汰されるコンデジ
大手電機メーカーは1970年代後半からワードプロセッサー専用の端末を販売していま......
ブラシレスモーター式スタビライザー
マルチコプターによる空撮が普及し、より安定した空撮動画を撮影するためにマルチコプ......
AVC(H.264)とHEVC(H.265)
2014年現在、デジタルカメラやビデオカメラの動画圧縮(エンコード)で広く普及し......
CP+2015
2015年2月12日から15日までパシフィコ横浜でカメラの展示会CP+2015が......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

デジタルカメラの選び方:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.w0x0w.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。